スキマ時間に名言を読む

5分でちょっと賢くなれる名言考察

がっかりした時はね、相手を責めるんじゃなくて期待しすぎた自分を責めるべきだよ

f:id:megen:20191006230033j:plain

がっかりした時はね、相手を責めるんじゃなくて期待しすぎた自分を責めるべきだよ

(ローラ)

サクッと紹介

こちらは、ファッションモデルのローラさんの名言です。

ローラさんは、モデルとしてだけでなく、タレント活動やブランドプロデュースなど、幅広い活躍をされています。

若者をはじめとした、様々な人から支持されるローラさんの言葉には、多くの人が注目しています。

 

しっかり考察

非難ではなく賞賛しよう

あの人ならこの仕事をやり遂げてくれる。

この選手ならきっとこの場面でゴールを決めてくれる。

誰もが一度は、相手に期待をした経験があるでしょう。

そして、時には期待した相手がそれに応えられないということもあるでしょう。

そんなとき、多くの人はがっかりしたり相手を責めてしまったりすることもあるのではないでしょうか。

 

がっかりするというのは、仕方がないことです。

それだけ本気で相手に期待していたということの裏返しなのですから。

ですが、自分が期待をかけた相手を責めるというのは間違っています。

あくまでも、あなたが勝手に期待して、勝手にがっかりしているにすぎないのです。

それに、その人もあなたや周りの人の期待に応えようと全力を尽くしたはずです。

多くの人に期待されるということは、同時にその分大きなプレッシャーも背負って戦うことになります。

そんな重圧の中でがんばった相手に対して、賞賛こそしても、非難するなどもってのほかだと思います。

 

誰かに期待される人間になろう

勉強でも仕事でもスポーツでも何でもかまいません。

あなたは、誰かに期待されることがありますか?

また、その期待には応えられているでしょうか?

 

もし誰かから期待されるようなことがないのなら、まずは何か一つでもいいので、誰かに期待されることを見つけるといいでしょう。

誰からも期待されないというのは寂しいものですし、期待されることで自分が思っている以上の実力を発揮できることもあります。

では、期待されるにはどうすればよいのでしょうか。

ただ、「自分に期待してくれ」と言ったところで、それだけでは周りの人もあなたに期待してくれないでしょう。

口先だけで行動が伴っていない人を誰も応援しようとは思えないからです。

期待してもらえるような人になるためには、まずは何かに全力で打ち込むことが必要だと思います。

何かに全力で取り組む姿を見た周りに人は、自然とあなたに期待をかけてくれるようになることでしょう。

誰かに期待するのも良いですが、あなた自身も誰かに期待される人間になることを心がけてみましょう。

 

ざっくりまとめ

  • 期待した相手を責めるのではなく賞賛しよう。

  • 誰かに期待するだけでなく、誰かに期待される人間になろう。

  • 何かに全力で打ち込むことで、自然と期待されるようになる。

 

参考

THE ROLA!!』(ローラ)