スキマ時間に名言を読む

5分でちょっと賢くなれる名言考察

はじめに

あなたは、名言を読んでいますか?

ただ名言を見るのではなく、しっかり読むことができているでしょうか。

f:id:megen:20190713171505p:plain

そもそも名言とは

世の中には「名言」と呼ばれる言葉が数多く存在します。

歴史上の偉人が残した言葉やミュージシャンが綴った歌詞の一節、小説や漫画の登場人物のセリフや身近な人が放った何気ない一言など。

人から生み出される言葉の、そのどれもが名言たりえます。

 

そもそも名言には、人の心に響く言葉や人生の教訓となる言葉、落ち込んだ心を奮い立たせてくれる言葉やユーモアたっぷりで笑わせてくれる言葉など、様々な種類があります。

とりわけ多くの人々の心に残る言葉が名言と呼ばれることが多いのですが、必ずしもそれだけが名言というわけではありません。

ある人にとっては何でもない言葉でも、ほかの誰かにとっては人生を変えるほどの意味を持った言葉になることもあるのです。

また、以前は何も感じなかった言葉でも、月日が経ってから聞くと味わい深いものに変わっているということもあります。

もっと言えば、同じ言葉でも誰が発言したかによって、それが名言と呼ばれるかどうかが決まることさえあります。

 

人には、それぞれが持つ悩みや価値観に違いがあります。

どんな言葉がその人にとって名言となりえるのか、それは誰にもわかりません。

だからこそ、時に人生の道しるべとなる名言を人は無意識に求めているのではないでしょうか。

 

名言を読むこと

世の中には様々な名言を集めた、いわゆる名言集というものがたくさん見受けられます。

それは、これまで知らなかった数多くの名言に出会うことができる素晴らしいものだと思います。

ですが、ただ名言と呼ばれる言葉を書き連ねただけの名言集を眺めていても、「何となく良さげな言葉だなぁ」という感想で終わってしまい、その後あまり心に残らないことも多いです。

 

このように、ただ漠然と名言を見るだけでは、なんだかもったいないような気がします。

深くその言葉を知ること、名言を読むことで見えてくるものがあるはずです。

 

そんな思いから、個人的に名言だと感じた言葉とそれに対する自分なりの見解を記していこうと考えました。

自分が出会った名言を忘れないように心に刻み、これからの人生の糧にしていくとともに、ご覧になった皆さんが素晴らしい名言と巡り逢える一助になれば幸いです。

 

正しい名言とは

こちらでご紹介させていただく名言は、多種多様なジャンルの人々やまったく異なる時代背景を持つ人々が、それぞれ自分なりの考えをもって生み出した言葉たちです。

中には、それぞれの名言同士で、相反する意味を持っていることもあると思います。

ですが、それはどちらかが正しく、どちらかが間違っているということではありません。

それぞれが、生きていく中で自分なりの答えを出し、それを言葉にした結果なのです。

仮に、双方の名言が矛盾しているように感じたなら、現在を生きる私たちが、自分なりにその意味を解釈し、どちらの考えに共感し、感銘を受けるのかを判断すればよいのだと思います。

 

また、もちろんこちらで私が示す見解が、必ずしも正しいとは限りません。

ただ誰かの考えに賛同するだけでなく、それを受けて自分はその名言をどういうふうに解釈するのか、自分なりの意見を持つことが大切です。

繰り返しになりますが、あくまでも、こちらで示す見解は一個人の意見であり、それを鵜呑みにするべきではありません。

それは、私の示した見解だけでなく、インターネットやテレビ、本、SNSなどで取り上げられている誰かの見解でも同じことです。

 

世の中にあふれている様々な人の意見を参考にしつつ、自分はどう考えるのか。

こちらで示した見解をもとに、自分はその名言をどうとらえるのか。

そんなふうに、皆さんが「名言を読む」きっかけとなれれば幸いです。

 

スキマ時間を有効活用

このブログを執筆するにあたり、スキマ時間にサクッと読める内容にするということをテーマとして掲げました。

現代人は、学校での勉強、会社での仕事、プライベートの遊びや自己研鑽、先輩との付き合い、SNSの更新などなど、とにかく忙しい毎日を過ごしています。

そんな多忙なみなさんに対して、そこからさらに時間を捻出してこのブログを読んでいただくというのは、非常に心苦しく思いました。(もちろん、優先的に時間を作って読んでいただければ、非常にありがたいのですが…)

そこで、目をつけたのがスキマ時間です。

 

何かの作業と作業の合間、電車やバスでの移動時間、その他単純な待ち時間など、どんなに忙しい人にもスキマ時間というのは少なからず存在します。

そして、意外とそのスキマ時間を有効活用できている人は少ないのではないでしょうか。

 

スキマ時間は、基本的にわずかな時間であることが多いです。

また、誰かや何かの都合で急に空き時間が訪れるという場面も多いのではないでしょうか。

そのため、そのスキマ時間で何をしようかと考えているうちに、気づけば時間が経っていて、結局何もできないまま非生産的な時間を過ごしてしまうということも珍しくないと思います。

 

ですが、もしスキマ時間に何をするか事前に決めていれば、どうでしょうか。

しかもそれが、常にすぐにできることならどうでしょう。

急にできたスキマ時間を有効活用できると思いませんか?

そこで、スキマ時間にやることの選択肢の1つとして、このブログを読んでいただければと思うのです。

 

仮に1日のうち5分のスキマ時間が5回あったとしましょう。

5×5回で1日当たり25分、1ヶ月で12.5時間、1年間なら約150時間になります。

つまり、上記の例なら年間で約6日間分のスキマ時間が生まれていることになるのです。

もしかしたら、その時間を取るに足らない程度のものだととらえる人もいるかもしれません。

ですが、私個人的には無駄にするには膨大すぎる時間だと思います。

誰しも、人生の中で使える時間は限られています。

わずかなスキマ時間を有効活用できるかどうかが、その人の人生をより豊かなものにするかどうかを決めるといっても過言ではありません。

みなさんもこの機会にぜひ、スキマ時間に対する考え方やその使い方を変えてみてはいかがでしょうか。