スキマ時間に名言を読む

5分でちょっと賢くなれる名言考察

私たちは完璧な愛を創る代わりに、完璧な恋人を探そうとして時を無駄にしている。

f:id:megen:20190903221421j:plain

私たちは完璧な愛を創る代わりに、完璧な恋人を探そうとして時を無駄にしている。

We waste time looking for the perfect lover, instead of creating the perfect love.

(トム・ロビンズ)

サクッと紹介

こちらは、アメリカの小説家であるトム・ロビンズの名言です。

トム・ロビンスといえば、「カウガール・ブルース」や「香水ジルバ」が代表作であり、その独特な世界観や少々クセの強い比喩表現が魅力とされています。

 

しっかり考察

完璧な恋人など存在しない

恋人ができない人がよく口にする言葉があります。

「自分にとって理想の相手がいない」

「まだ運命の人にめぐり逢っていない」

こういう人は、おそらく完璧な恋人を追い求めすぎているのではないでしょうか。

俗にいう、「理想が高い」というやつです。

ただ理想が高いだけなら良いのですが、このような人の場合は、相手に完璧であることを求めてしまっているのが問題です。

あなた自身が完璧な人間でないように、完璧な恋人などこの世のどこにも存在しません。

むしろ、私たちは完璧でないからこそ、足りないところを補い合うために恋人同士になるのです。

不完全な2人だからこそ、完璧な愛を創り上げようとするのです。

どちらか一方が相手に依存しすぎていては、完璧な愛は創れないということを忘れてはいけません。

 

自分を磨く努力をしよう

理想が高いのは、悪いことではありません。

むしろ簡単に妥協する方が問題ですし、そんなふうに恋人を選ぶのは相手に失礼だと思います。

ただし、高い理想を持つなら自分自身がそれに見合う人物になれているのかをよく考えましょう。

自分の理想とする自分自身になれていない人は、自分の理想とする相手とはけっして釣り合いません。

 

ただの憧れで理想を語るだけなら別にかまいません。

ですが、自分を磨く努力もしていないのに、理想の相手に振り向いてもらえないと文句を言うのは間違っています。

何かにがんばって取り組んでいる人が、何もしていない人に魅力を感じるわけがないのです。

もしあなたが本当に理想の恋人を手に入れたいのなら、まずは自分を見つめ直すことから始めるべきでしょう。

完璧な恋人を探す前に、まずは自分自身が完璧な恋人になれるように努力することが大切です。

 

ざっくりまとめ

  • 完璧な恋人などこの世に存在しない。

  • 不完全な2人だからこそ完璧な愛を創り上げられる。

  • 理想の相手と釣り合うためには自分を磨くことが必要。

 

参考

『香水ジルバ』(トム・ロビンズ)