スキマ時間に名言を読む

5分でちょっと賢くなれる名言考察

理想現実ワンクリック 光の速度に変わっても  地球の裏より遠い距離 アダムとイブにはなれない

f:id:megen:20190928142037j:plain

理想現実ワンクリック 光の速度に変わっても

地球の裏より遠い距離 アダムとイブにはなれない

miwa『ヒカリヘ』)

サクッと紹介

こちらの名言は、女性シンガーソングライターであるmiwaさんの楽曲『ヒカリヘ』のワンフレーズです。

『ヒカリヘ』の歌詞は、恋人や片思いの相手に想いを伝える時の心情を表していると同時に、情報通信技術が発達した現代社会におけるコミュニケーションの形態についても考えさせられる内容になっています。

 

しっかり考察

ワンクリックで世界とつながる

インターネットが発達し、高度な情報通信機器が普及している現代社会では、誰もがワンクリックで世界とつながることができます。

たいていの欲しい情報はすぐに手に入りますし、買いたいモノも簡単に注文できます。

遠く離れた場所にいる人や会ったこともない見知らぬ誰かとも、手軽にコミュニケーションをとることができます。

あなたがやりたいと思ったことや欲しいと思ったもの、その理想はワンクリックで一瞬のうちに現実となるのです。

 

テクノロジーの発達で、人々の生活はどんどん便利になっていきます。

しかし、そんな中で注意しておかないといけないことがあります。

それは、世界と簡単につながれるということは、あなたと世界を隔てる壁がなくなりつつあるということです。

当たり前の話ですが、あなたが世界中の情報にアクセスするように、ほかの誰かもあなたの情報にアクセスしてきます。

そんなとき、あなたを守ってくれる壁はありません。

これからは、自分の情報は自分自身で守らなければならないという意識を持っておくべきだと思います。

 

心の距離は縮まったのか

先ほどから述べているように、テクノロジーの発達で、コミュニケーションは手軽になりました。

地球の裏側にいようが、さらに遠くの宇宙にいようが、その人とつながることが可能となっています。

コミュニケーションにおいて、人類は物理的な距離は超越したといえるでしょう。

しかし、それと同時に、果たして心の距離は縮まったのでしょうか。

 

これまで以上に多くの人や情報とつながれるようになり、出会いの数は格段に増加しました。

テクノロジーが発達したからこその出会いもたくさんあることでしょう。

ですが、それに伴って、ひとつひとつの出会いが希薄になってはいないでしょうか。

 

情報を電波に乗せてやり取りする際には、そこに乗せる想いが軽くならないようにすることを意識し、一期一会の出会いを大切にすることが必要かもしれません。

 

アダムとイブになるために

アダムとイブのような運命の相手を見つけるために、真の理想を叶えるために必要なことは何でしょうか。

人と人との出会いで考えてみると、出会いの数が多くなっているということは、運命の相手と巡り合う確率は高くなっているはずです。

あと必要なのは、コミュニケーションの質を高めることだと思います。

面と向かったやり取りでも想いはちゃんと伝わらないのに、遠く離れた相手とのやりとりで想いを伝えるのは非常に困難です。

少ない文字や限られた記号、合成音声でのやりとりに想いを乗せるには、今まで以上に意識的に自分の想いを相手に伝えようとしなければなりません。

情報通信技術の発達した現代だからこそ、改めてコミュニケーションのあり方について見直す必要があるのではないでしょうか。

 

ざっくりまとめ

  • 簡単に世界とつながれる現代では自分の情報は自分で守る必要がある。

  • 自分の想いを今まで以上に意識的に伝え、ひとつひとつの出会いを大切にする。

  • 情報通信技術の発達した現代だからこそ、コミュニケーションのあり方を見直すことが必要。

 

参考

『ヒカリヘ』(miwa